KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2020 Vol.84 No.11 学生会員の声

前の記事へ

研究室紹介 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻
プロセス要素工学講座 材料プロセス工学分野

トピックス 固体高分子形燃料電池におけるナノ構造体触媒の研究動向

次の記事へ

学生会員の声

私と化学工学

 本稿では,私が化学工学との出会いと軌跡,そしてこれからの目標について記していきたいと思います。私は,学部1年の頃から化学工学について勉強していました。思えば当初は化学工学とは何なのかすらはっきりと分かりませんでした。難しい数式とにらめっこして,分かったふりして結局試験の度に苦悩した日々も今は懐かしく思います。当時は化学工学という学問に対して全く何の感情も抱いておらず,ただ理解しようと精一杯でした。
 学部4年からは,バイオマス系の研究室に配属されました。初めての研究生活に慣れようと必死だった一方,製図の授業とプロセス設計の授業も受けていました。これらの授業で,初めて化学工学という学問体系に触れることができただけでなく,化学プロセスを設計する楽しさにも目覚めることができました。その結果プロセスデザインコンテストに参加し,そのご縁で化学工場に見学させていただき,化学工学が現場でどのように役立っているか知ることができ,「化学工学という学問をより深く研究する」のが楽しいとも思いました。この楽しさが,自身の研究へのモチベーションに十分役立ち,卒業研究発表では学科で1位をいただけただ...

佐藤 龍

佐藤 龍

  • 東京農工大学生物応用システム科学府 食料エネルギーシステム科学専攻

前の記事へ

研究室紹介 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻
プロセス要素工学講座 材料プロセス工学分野

トピックス 固体高分子形燃料電池におけるナノ構造体触媒の研究動向

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい