KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.5 特集

前の記事へ

特集 機械学習を活用した薬物の皮膚透過性の予測

連載 CFDで気軽に移動現象論
第9回 物質移動(1)定常拡散

次の記事へ

特集

経皮吸収型製剤 ~皮膚の浸透促進と化学工学の接点~
貼付剤における適切な粘着基剤の選定

 経皮吸収型製剤として利用されている剤形のうち,皮膚に貼付することで薬物を投与する「貼付剤」は,古来からの膏薬の歴史がある日本においては古くから親しまれてきた剤形である。特に,消炎鎮痛のために「痛いところに貼る」局所製剤としては,医療用医薬品から一般用医薬品まで,広く使用されている。ただし,薬物を皮膚から皮内深部の血管に吸収させて,体内患部へ送達すること,あるいは,全身へ行き渡らせることで作用する「全身性製剤」である「経皮吸収型製剤」は,TDDS(Transdermal Drug Delivery System)として,欧米で先行して開発されてきた。

 これらの貼付剤は,現在,超高齢化社会の到来を迎え,更なるニーズの高まりを見せている。高齢患者において,経口剤を飲み込みづらくなったり(嚥下機能障害の発生),薬の飲み忘れも多くなったり(認知機能の低下)することから,経口投与による治療に積極...

後藤 正興
Image

後藤 正興

Selection of Suitable Adhesive Base for Transdermal Patches

Masaoki GOTO

  • 1995年 京都大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了

  • (株)カネカ Pharma & Supplemental Nutrition Solutions Vehicle バイオテクノロジー研究所 基盤・探索研究グループ 幹部職                (株)ケイ・エム トランスダーム出向 取締役技術担当兼務

前の記事へ

特集 機械学習を活用した薬物の皮膚透過性の予測

連載 CFDで気軽に移動現象論
第9回 物質移動(1)定常拡散

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい