KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.2 特集

前の記事へ

特集 血中循環腫瘍細胞のシングルセル分離技術

特集 ナノデバイスを用いた細胞外小胞・エクソソームの分離精製

次の記事へ

特集

最先端医療診断を支える技術
マイクロ流路デバイスを使用した 稀少細胞取得技術と医療分野への適用

 マイクロ流路デバイスはMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)技術を使用してPDMS(Poly-dimethyl-siloxane)などのシリコン樹脂やプラスチック樹脂に微細流路を転写して作製したもので,液体中の微細物質の混合・反応,分離・合成などに使用される1)。近年,細胞医薬品が次々と開発されており,それに伴い抗原性のないラベルフリーの細胞分離濃縮技術の需要が高まっている。また,微量サンプルやシングルセルを解析する診断技術が次々と開発されており,稀少細胞の分離という目的でもマイクロ流路デバイスに対する期待は高い。
 しかしながら,稀少細胞を相手に臨床検査をおこなうには数mLあるいはそれ以上の血液を,実用的な時間の範囲で処理する必要があり,流路の並列化といった工夫が必要になる。一般的に,マイクロ流路デバイスに送液する場合は,数μL~数十μL/min程度の流速で流す。しかも多くの場合,血液試料を希釈してから送液するため,処理量はさらに多くなる。したがって,マイクロ流路デバイスの処理速度は実用化への課題と言えよう。ま...

綾野 まどか

綾野 まどか

Rare Cell Enrichment by Microfluidics and Its Application for Medical Field

Madoka AYANO

  • 2005年 博士(理学)

  • (株)TL Genomics 事業開発部 取締役

長島 美穂

長島 美穂

Miho NAGASHIMA

  • (株)TL Genomics 研究開発部

高橋 啓太

高橋 啓太

2009年 博士(薬学)

Keita TAKAHASHI

  • (株)TL Genomics 研究開発部長

久保 知大

久保 知大

2007年 博士(生命科学)

Tomohiro KUBO

  • (株)TL Genomics 代表取締役

前の記事へ

特集 血中循環腫瘍細胞のシングルセル分離技術

特集 ナノデバイスを用いた細胞外小胞・エクソソームの分離精製

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい