KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.3 特集

特集 流動床技術を活用した使用済みプラスチックのケミカルリサイクルの社会実装に向けて

次の記事へ

特集

物質循環のための使用済みプラスチックの再資源化
モノの循環が主流である時代に向けたリサイクル事業設計とケミカルリサイクルプロセス開発

 「リサイクル」という用語に対し,読者はどのようなイメージをお持ちだろうか。リサイクルショップでの購入体験などを思い浮かべる方,廃棄物処理という用語を連想される方,また循環やサステナビリティなどの用語との関連に思い至る方もおられるだろう。筆者らは2007年の創業以来,リサイクルと関連する事業に取り組んできた。2010年からは衣料品やプラスチック製品の店頭回収とリサイクルを開始,2014年からは,ポリエチレンテレフタレート(PET)のケミカルリサイクル技術導入と開発を本格的に開始した。2017年にはポリエステル繊維をケミカルリサイクルする小型商用プラントを竣工,2018年にはPETボトルのケミカルリサイクルとしては現在のところ世界で唯一の商業実績を有するプラントを承継した。2021年からはこの事業モデルを世界で展開すべくライセンス事業にも取り組んでいく。リサイクルに関連する技術開発と事業化を同時並行的に進めてきた中で,事業として成立するリサイクルの実現に向けて,今も日々格闘を続けている。本稿では,これらの活動を通して出会う数々の挑戦課題を,プロセス開発との関連でご紹介すると共に,モノの循...

石津 縁
Image

石津 縁

Recycling Business Design and Recycling Process Development for an Era in Which the Circulation of Goods Is Mainstream

Yukari ISHIZU

  • 2006年 東京工業大学生命理工学院生体分子機能工学科修士課程修了 2016年 MBA

  • 日本環境設計(株)営業業務部戦略企画課事業開発チーム エキスパート,弁理士

髙尾 正樹
Image

髙尾 正樹

Masaki TAKAO

  • 2004年 東京工業大学開発システム工学科化学工学コース卒業

  • 日本環境設計(株) 代表取締役社長

特集 流動床技術を活用した使用済みプラスチックのケミカルリサイクルの社会実装に向けて

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい