KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.7 特集

前の記事へ

特集 企業における感染予防

研究室紹介 岩手大学理工学部化学・生命理工学科化学コース
結晶工学研究室

次の記事へ

特集

ウイルス感染予防に役立つ化学工学
医薬品開発の加速化に伴う安定生産体制に対する課題

 2019年11月に原因不明のウイルス性肺炎が確認され,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染とその感染症(COVID-19)の拡大が問題として顕在化してから1年8ヶ月が経過した。その間,国内外複数企業がワクチン等の開発を開始し,2020年12月2日に英国にて,SARS-CoV-2に対するmRNAワクチンが世界で初めて承認された。医薬品の開発開始から承認までの期間としては,極めて短期間で承認に至った例であり,産官の連携による強力なイニシアチブの成果である。しかし,他の産業から見ると,1年間での市場供給開始でも遅く映るかも知れない。本稿では医薬品開発に必要な期間について概説する。また,新型コロナウイルスワクチンのように極めて短期間で開発される医薬品については特に留意すべきであると考えられる,医薬品の安定供給に関わる課題について説明する。なお本稿の一部の内容は,日本,米国,欧州等のグローバル視点から一般化しているため,本邦の法規制に準じた用語を用いていない箇所があることに留意いただきたい。

...
河合 浩史
Image

河合 浩史

Challenges Faced by Sustainable Pharmaceutical Production in Accelerated Developmen

Hirofumi KAWAI

  • 2013年 東京工業大学大学院博士課程修了

  • 協和キリン(株)薬事部 マネージャ

前の記事へ

特集 企業における感染予防

研究室紹介 岩手大学理工学部化学・生命理工学科化学コース
結晶工学研究室

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい