KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.7 特集

前の記事へ

特集 感染対策としてのエアフィルタ:理論と応用

特集 医薬品開発の加速化に伴う安定生産体制に対する課題

次の記事へ

特集

ウイルス感染予防に役立つ化学工学
企業における感染予防

 製造業,特に化学工業等でおこなわれている24時間通年操業の場合,交替勤務を継続しながら安全安定運転できる体制の確立が求められる。近年においては技術革新や合理化等により,交替班の各班の人員が過去に比べて少なくなっており,一人の欠員が操業に与える影響は大きい。2020年初頭より始まった新型コロナウイルスの国内流行だけでなく,過去の新型インフルエンザウイルスの流行時にも,BCP(事業継続計画)の観点から操業継続のための検討や対策が重要な課題であったことは周知の通りである。本稿では感染症の流行に対して,企業がどのような対策を取っているか,また今後の課題はどこにあるかを考察していきたい。(なお国内外の新型コロナウイルス流行に対する知見は絶えず更新されており,本稿は執筆当時の知見に基づくものということでご了承いただきたい)

...
井手 宏
Image

井手 宏

Preventive Actions for Infections in Worksites

Hiroshi IDE

  • 1991年 産業医科大学医学部卒業

  • 三井化学(株)岩国大竹工場 健康管理室 室長,西日本統括産業医
    日本産業衛生学会 指導医,産業医科大学 非常勤講師

前の記事へ

特集 感染対策としてのエアフィルタ:理論と応用

特集 医薬品開発の加速化に伴う安定生産体制に対する課題

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい