KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.1 特集

前の記事へ

特集 次世代産業を切り拓く,大学発ベンチャーの可能性

特集 蟹取県発!カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」を活用した新産業で鳥取を元気に

次の記事へ

特集

「新しいアンモニア」への挑戦
材料ベンチャーの今までとこれから
~金属有機構造体(MOF)を組み込んだ装置から見える世界~

 人口増加や生活レベルの向上等に伴い,人類は未曾有の食料問題,資源問題に直面している。また,産業活動の活発化によってエネルギー消費が拡大の一途を辿り,地球温暖化による気候変動が懸念されている。これら地球規模の諸問題に対して,脱炭素化やサーキュラーエコノミーへの移行に向けた様々な取り組みが生まれている。日本を含む諸外国で「2050年二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロ」を掲げる国は120カ国に上り,経済政策と脱炭素化施策が結びつく脱炭素競争とも言えるレースが始まっている。一見すると脱炭素とは無縁の業界とも思える金融・保険業界においても脱炭素社会に向けたビジネスの潮流が加速し,石炭火力発電向けの炭鉱開発に関する新規の保険引き受けや投融資を停止する等の施策を打ち出している。最早,脱炭素を新基軸にした新しいビジネスモデルの構築が業界を問わず急務となっている。このような中,エネルギー資源として首座を得てきた石炭,石油から,より環境負荷の少ないエネルギー資源であるガスへの転換による産業構造の変革が世界各国で検討され,メタン,水素やアンモニア等を中心としたガスエネルギー資源が注目を...

畠岡 潤一
Image

畠岡 潤一

The Past and the Future of Materials Startup -The World as Seen through Devices Equipped with MOFs-

Junichi HATAOKA

  • 2009年 早稲田大学教育学部理学科地球科学専修卒業

  • SyncMOF(株) 代表取締役社長 兼 CEO

堀 彰宏
Image

堀 彰宏

Akihiro HORI

  • 2010年 岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程先端基礎科学専攻修了

  • SyncMOF(株) 取締役副社長 兼 CTO

前の記事へ

特集 次世代産業を切り拓く,大学発ベンチャーの可能性

特集 蟹取県発!カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」を活用した新産業で鳥取を元気に

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい