KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.1 特集

前の記事へ

特集 材料ベンチャーの今日までの道のり

特集 次世代制御によるプラント運転の新状態創出

次の記事へ

特集

「新しいアンモニア」への挑戦
Make Wave, Make World. 世界が知らない 世界をつくれ

 「「脱炭素にレンチン」? 化学大手がマイクロ波に熱視線。」「カーボンニュートラルなどSDGsに革新技術で貢献」「プラント「電化」に新興の技 エネ消費やCO2大幅削減 マイクロ波に熱い視線」
 ここ最近,筆者が代表を務めるマイクロ波化学(株)がメディアで取り上げられた際の見出しの一部である。
 アフターコロナにて進む,各国政府,大手機関投資家や企業の脱炭素への動きは不可逆的であり,環境対応型プロセスや素材へのニーズは今までに無い高まりを見せている。その手段として自動車産業において電気の利用が加速しているように,ものづくりにおいても電化の流れは必至であり,その中でもマイクロ波化学プロセス注1)への注目が高まっている。

...
吉野 巌
Image

吉野 巌

Make Wave, Make World. / Commercialization of Microwave Chemical Process

Iwao YOSHINO

  • 1990年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業

  • マイクロ波化学(株) 代表取締役社長CEO

前の記事へ

特集 材料ベンチャーの今日までの道のり

特集 次世代制御によるプラント運転の新状態創出

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい