KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.5 特集

前の記事へ

特集 経皮吸収型製剤の現状と将来展望

特集 イオン液体化技術を応用した経皮吸収促進

次の記事へ

特集

経皮吸収型製剤 ~皮膚の浸透促進と化学工学の接点~
リポソームの膜物性および経皮吸収性に及ぼすヘキシルデシルリン酸アルギニンの影響

 リポソームとは主にリン脂質からなる閉鎖小胞体である。リン脂質からなるリポソームは古くからDDSキャリアとして多くの研究がなされており,水溶性や油溶性の成分をその構造内部へ保持できることから化粧品にも応用されている1)。一般にリン脂質は相転移温度が皮膚温より高く,リポソーム製剤の皮膚適用時においても固体状態であることから,皮膚表面で内包物質を放出しにくい。一方でラメラ液晶は疎水基が溶融した状態で存在していることから流動性が高く内包物質の放出性に優れる。つまり,リン脂質単独のリポソームはラメラ液晶特有の膜物性を発揮しているとは言い難い2)。また,リポソーム膜が固体状態であると角層上で崩壊しにくいため,内包物質の経皮吸収性は低いと考えられる。一方,ヘキシルデシルリン酸アルギニン(NIKKOL ピュアフォス LC,以下PLC,日光ケミカルズ(株)製)は皮膚温付近で安定にラメラ液晶を形成する界面活性剤である3)ことから,PLCを添加したリポソームでは膜物性およ...

田中 佳祐
Image

田中 佳祐

The Effect of Hexyldecyl Phosphate Arginine Salt on the Membrane Property and the Skin Penetration Property in Liposome System

Keisuke TANAKA

  • 2018年 東京理科大学理工学研究科先端化学専攻博士後期課程修了 博士(工学)

  • 日光ケミカルズ(株)中央研究所

吉田 大介
Image

吉田 大介

Daisuke YOSHIDA

  • 2001年 城西大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了 博士(薬学)

  • 日光ケミカルズ(株)中央研究所 医薬品グループ

前の記事へ

特集 経皮吸収型製剤の現状と将来展望

特集 イオン液体化技術を応用した経皮吸収促進

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい