KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.5 特集

前の記事へ

特集 リポソームの膜物性および経皮吸収性に及ぼすヘキシルデシルリン酸アルギニンの影響

特集 S/O技術を用いた経皮製剤と非侵襲性ワクチンへの応用

次の記事へ

特集

経皮吸収型製剤 ~皮膚の浸透促進と化学工学の接点~
イオン液体化技術を応用した経皮吸収促進

 これまで経口によって期待する効能が生じるに足る投与量が確保できない薬剤に関しては,一般的に静脈注射による投与がおこなわれてきた。しかしながら,患者への負担が大きいことも問題となっている。そこで,この負担軽減を目的に効果的な投与経路に関する様々な研究がおこなわれている。その中の1つが,経皮浸透による投与である。この投与法は,皮膚に塗布するのみの簡便な手法であるが,角質あるいは表皮といった疎水性および親水性のバリアーに阻まれるため,効果的に薬剤を到達させることが難しいという欠点があった。この欠点を克服するために,筆者らは近年注目されているイオン液体化技術を用いた種々の薬剤の液化をおこない,更に経皮浸透剤化,機能評価および安全性評価を試みた。本稿では,その取り組みについて紹介する。

...
古川 真也
Image

古川 真也

Enhancement of Skin Permeability With Applying Ionic Liquefaction Technology

Shinya FURUKAWA(正会員)

  • 2001年 九州大学大学院物質プロセス工学研究科博士後期課程単位取得の上退学 博士(工学)

  • 味の素(株)バイオ・ファイン研究所バイオソリューション工業化室 バイオソリューション工業化室長付研究員

前の記事へ

特集 リポソームの膜物性および経皮吸収性に及ぼすヘキシルデシルリン酸アルギニンの影響

特集 S/O技術を用いた経皮製剤と非侵襲性ワクチンへの応用

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい