KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.5 特集

前の記事へ

特集 マイクロニードル設計による経皮吸収促進

特集 機械学習を活用した薬物の皮膚透過性の予測

次の記事へ

特集

経皮吸収型製剤 ~皮膚の浸透促進と化学工学の接点~
薬物の経皮吸収及び皮膚内動態についてのシミュレーション

 皮膚を介した薬物投与は,薬物送達システムの経皮治療システムとして認知され,経口投与に代わるものである。経皮治療システムは局所作用型と全身作用型に大別できる1)

 皮膚から薬物を投与する際,皮膚の最外層である角層内の薬物移行が薬物の透過の律速過程である。そのため,一般的に皮膚内及び全身循環血への薬物移行は角層内の薬物の動向で決まる2)。皮膚は静止した均一な一層膜として考えられるため,薬物の皮膚透過と皮膚内濃度は,Fickの拡散法則が成り立ち,基剤と皮膚間での分配と皮膚内の拡散が関係する3)。ここでは,薬物の皮膚透過と皮膚内濃度についてFickの拡散式から導かれる式を用い,シミュレーションの方法を交え説明する。

...
渡邉 哲也
Image

渡邉 哲也

Simulation of Skin Permeation and Intradermal Disposition of Drugs

Tetsuya WATANABE

  • 2002年 城西大学薬学研究科博士課程修了 博士(薬学)

  • 奥羽大学薬学部薬学科 准教授

前の記事へ

特集 マイクロニードル設計による経皮吸収促進

特集 機械学習を活用した薬物の皮膚透過性の予測

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい