KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.9 特集

前の記事へ

巻頭言 カーボンニュートラル社会の実現へのリチウムイオン電池の役割

特集 量子ビームを用いた高エネルギー密度正極材料の局所構造解析

次の記事へ

特集

リチウムイオン電池を支える材料技術
液系リチウムイオン二次電池の現状と今後の電池開発の展望

 近年,世界各国で二酸化炭素(CO2の排出量削減を達成すべく電動車両の導入が進んでいる。図1に国内の各部門におけるCO2排出量を示す。運輸部門がCO2総排出量の18.6%を占めており,運輸部門の86.1%を自動車で占めている。そのため,CO2排出量の削減のためにはガソリン自動車から走行中にCO2を排出しない電動車両への移行が不可避となる。現在,欧州では相次いで電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を市場に投入してきており,急速にEVシフトを進めようとしている。2021年には全世界でのEVとPHEVの年間販売台数を合計すると約650万台が販売されてきており,世界での自動車販売台数の10%に迫りつつある。これら電動車両にはLiイオン二次電池(LIB)が...

辰巳 国昭
Image

辰巳 国昭

Current Status of Liquid-Type Lithium-Ion Secondary Batteries and Future Prospects for Battery Development

Kuniaki TATSUMI

  • 1988年 京都大学大学院工学研究科修士課程修了

  • (国研)産業技術総合研究所 関西センター 所長

小林 弘典
Image

小林 弘典

Hironori KOBAYASHI

  • 1996年 神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了

  • (国研)産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 総括研究主幹

前の記事へ

巻頭言 カーボンニュートラル社会の実現へのリチウムイオン電池の役割

特集 量子ビームを用いた高エネルギー密度正極材料の局所構造解析

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい