KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.11 特集

前の記事へ

特集 医薬品固形製剤の粉体ハンドリングに関わる
PAT活用事例

特集 圧縮成形技術を応用した固形化粉ミルク製法の深化

次の記事へ

特集

化学工学における粉体の最新技術
製鉄業における鉄鉱石の混合・造粒技術について

 モノづくりの主要素材の1つである鉄鋼製品は主に粉状原料である鉄鉱石(酸化鉄)を還元することで製造されている。図1に製鉄所の主要設備である高炉プロセスの概要を示す。高炉は還元性ガス(COやH2を用いて鉄鉱石から溶けた銑鉄を製造するプロセスであり,大量のガスを使用することから炉内の通気性が重要となる。そのため国内では一般的に粉状鉄鉱石は焼成・塊成化され,焼結鉱として使用されている。この焼結鉱を製造する焼結プロセスでは大量生産(1万t/日以上)に適したドワイトロイド(DL)型焼結機が現在広く普及している。DL型焼結機では一般に鉄鉱石と石灰石(フラックス),粉コークスなどを水(バインダー)と共にドラムミキサーで造粒した後に,その混合原料を着火し,空気を流すことで燃...

竹原 健太
Image

竹原 健太

Mixing and Granulation Technology for Iron Ore

Kenta TAKEHARA

  • 2014年 東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻修了

  • JFEスチール(株)製銑研究部 主任研究員

樋口 隆英
Image

樋口 隆英

Takahide HIGUCHI

  • 2002年 北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了 博士(環境科学)

  • JFEスチール(株)製銑研究部 主任研究員

前の記事へ

特集 医薬品固形製剤の粉体ハンドリングに関わる
PAT活用事例

特集 圧縮成形技術を応用した固形化粉ミルク製法の深化

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい