KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.2 特集

前の記事へ

特集 ナノデバイスを用いた細胞外小胞・エクソソームの分離精製

特集 マイクロ流体デバイスを用いたPOCT

次の記事へ

特集

最先端医療診断を支える技術
ラテラルフローイムノアッセイの高機能化

 現在,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のパンデミックが世界中で深刻な問題になっており,感染の有無を早期かつ正確に診断するための技術の重要性が高まっている。新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症の標準診断法としては,PCR(polymerase chain reaction)法に代表される遺伝子検査が用いられている。遺伝子検査は,感染源となる病原体の高感度な検出を実現する技術であり,一般にもその有用性は認識されつつある。しかしその一方で,専用の測定装置が必要であること,高度な手技を身に付けた検査技師が実施する必要があること,検査に数時間程度の時間が掛かること,などの課題が存在する。
 それに対して,「ラテラルフローイムノアッセイ」(あるいはイムノクロマトグラフィー)と呼ばれる病原体や疾患マーカー分子の検出手法が実用化されている。ラテラルフローイムノアッセイとは,紙や多孔質膜などの基材によって構成されたマトリックス上に抗体を固定化し,横方向への流れ(lateral flow)を利用して検体を搬送して免疫分析をおこなう手法である。その代表例としては,インフルエ...

青山 周平
Image

青山 周平

Functionalization of Lateral Flow Immunoassay Systems

Shuhei AOYAMA

  • 2014年 千葉大学大学院工学研究科博士前期課程修了

  • デンカ(株)先進技術研究所,千葉大学大学院融合理工学府博士後期課程

前の記事へ

特集 ナノデバイスを用いた細胞外小胞・エクソソームの分離精製

特集 マイクロ流体デバイスを用いたPOCT

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい