KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.11 特集

前の記事へ

特集 医薬品製造プロセス開発におけるフロー合成活用事例

連載 CFDで気軽に移動現象論
第3回 反応工学(2)非等温反応器

次の記事へ

特集

プロセス化学の最前線 ~連続フロー生産への変革~
連続フロー生産に向けたプロセスモニタリング技術の適用

 連続フロー生産(Continuous Production)は製造プロセスが稼働している期間中,連続的に原料又は混合物が製造工程内に供給され,生産物が継続的に取り出される生産方法である。石油化学産業をはじめとして食品産業でもでんぷんの糖化プロセスや香料の抽出プロセスなど多くの分野で連続生産プロセスは産業的に利用されている。近年,フロー合成の手法の1つとしてフローマイクロリアクター(Flow Micro Reactor, FMR)が注目されている。FMRはマイクロ空間内で生じる現象を利用し,従来のバッチ型の反応では制御が難しい高速混合や反応熱を精密に制御し,高機能な材料を高い収率で得られるというメリットがある。またホットスポット発生の抑制といった超低温での温度制御が必要なくなることなどから使用するエネルギーの観点からも効率の良いプロセスであると言われており,環境に優しい生産方法としても注目されている生産技術の1つである。このようにFMRについては多くの特長ならびにポテンシャルがある一方で,長時間に精密に制御するプロセス管理技術およびそれを支える要素技術が製造への適用に向けた重要なポイン...

中原 祐一
Image

中原 祐一

Application of Process Monitoring Technology for Continuous Flow Production

Yuichi NAKAHARA

  • 2005年 横浜国立大学大学院工学府修了

  • 味の素(株)バイオファイン研究所 主任研究員

前の記事へ

特集 医薬品製造プロセス開発におけるフロー合成活用事例

連載 CFDで気軽に移動現象論
第3回 反応工学(2)非等温反応器

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい