KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.1 特集

前の記事へ

特集 次世代制御によるプラント運転の新状態創出

特集 細径人工筋肉 -研究から実用化へ-

次の記事へ

特集

未来を創るイノベーションの担い手「大学発ベンチャー」
つばめBHBによるエレクトライド触媒の社会実装と将来展望

 アンモニアは,化学工業において尿素や化成品などを製造するための活性な窒素源として極めて重要な基幹中間体であり,近年増加し続ける人類の食糧需要や化学産業を支えてきた。最近では,アンモニアは水素を多く含むこと,易液化性,可燃性等の特性から輸送・貯蔵可能な水素源として,水素エネルギーキャリア,更には火力発電における石炭との混焼及び専焼燃料や排ガス脱硝還元剤といった環境・エネルギー関連の工業利用に注目が集まっている。従来は,鉄系触媒を用いて空気中の窒素と化石資源から得られる水素を高温・高圧条件下で反応させるハーバー・ボッシュ法(以下,HB法)により製造されてきた。HB法のプラントは,エネルギーの高効率化を目的に大型化が進むと共に,安価で大量の原料水素を得るために化石資源の産出地域に建設される傾向がある。このHB法による大規模一極集中型のアンモニア生産システムは,スケールメリットや安価な原料により製造原価の大幅な低下を実現し,100年以上前に実用化されて以来アンモニアの工業的製造法の事実上の標準となってきたが,一方,効率化が進んだHB法であっても高温・高圧条件を必要とする大量エネルギー消費プロ...

渡邊 昌宏
Image

渡邊 昌宏

Social Implementation and Future Prospects of Electride Catalyst by Tsubame BHB

Masahiro WATANABE

  • 1976年 国際基督教大学教養学部自然科学科物理学専攻卒業

  • つばめBHB(株) 代表取締役CEO

中村 公治
Image

中村 公治

Koji NAKAMURA

  • 2017年 早稲田大学大学院商学研究科修了

  • つばめBHB(株) 執行役員 ビジネス企画部門長

前の記事へ

特集 次世代制御によるプラント運転の新状態創出

特集 細径人工筋肉 -研究から実用化へ-

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい