KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2023 Vol.87 No.1 特集

前の記事へ

特集 水/有機二相系からなるスラグ流を反応分離場とする
5-ヒドロキシメチルフルフラール合成プロセス

小特集 コンピューティング基盤の将来像と半導体製造技術の動向

次の記事へ

特集

反応と分離の協奏
相分離を制御したイオン液体触媒を用いたエステル合成

 エステル化に代表される脱水縮合反応は,副生成物が水のみであるグリーンな反応であり,化成品合成など工業的に広く利用されている。一方,本反応は加水分解との平衡反応であるため,水の除去が反応転化率の向上に不可欠である。工業的な製造プロセスにおいては,硫酸等の酸触媒を用い,100℃以上に加熱して水を除去しながら合成をおこなうが,反応および生成物の分離精製に多量のエネルギーを要する。

 著者らはイオン液体にスルホン酸基等のブレンステッド酸触媒部位を修飾したイオン液体触媒(Ionic Liquid Catalysts;ILCs)の開発を進めてきた(図1上)。ILCsはイオン液体由来の難揮発性・難燃性などの特徴を有し,再利用も可能であるため,硫酸等でしばしば問題となる揮発損失を抑制できる。また,カチオンやアニオンの分子修飾等により反応原料や生成物との溶解性や相分離挙動を制御することも可能である。ILCsの相分離を利用して平衡反応を操作できれば,生...

河野 雄樹
Image

河野 雄樹

Control of Phase Separation Behavior of Ionic Liquid Catalysts With Reactants/Products for Energy-Efficient Esterification

Yuki KOHNO(正会員)

  • 2012年 東京農工大学大学院工学府生命工学専攻博士後期課程修了

  • (国研)産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 主任研究員

牧野 貴至
Image

牧野 貴至

Takashi MAKINO(正会員)

  • 2006年 大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻博士後期課程修了

  • (国研)産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 研究グループ長

前の記事へ

特集 水/有機二相系からなるスラグ流を反応分離場とする
5-ヒドロキシメチルフルフラール合成プロセス

小特集 コンピューティング基盤の将来像と半導体製造技術の動向

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい