KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2021 Vol.85 No.1 特集

前の記事へ

特集 CO2分離回収・利用・貯留(CCUS)の 現状と今後の展望

特集 CO2排出削減長期目標達成に向けた鉄鋼プロセスの将来像

次の記事へ

特集

2050年の脱炭素社会に向けた現状と今後の展望
人工光合成化学プロセスの開発
開発の現状,課題,将来展望

 自然界の光合成は,太陽光下でCO2と水から植物を製造する巧妙なプロセスだが,光子の変換効率は,0.2%前後である場合が大半である。我々はNEDO:“人工光合成”プロジェクトにおいて水とCO2を原料として,化学原料である低級オレフィン類(エチレン,プロピレン等)を,光合成をはるかに上回る太陽光変換効率で製造する革新プロセスに2012年より10年プロジェクトとして取り組んできた。本プロジェクトは以下の3つの開発課題を設定している。

 ①可視光応答光触媒による水分解による水素(solar-H2)製造技術開発
 ②生成するH2/O2=2(モル比)の爆発性混合ガスからのsolar-H2の安全・選択分離技術開発
 ③solar-H2とCO2からのオレフィン製造プロセス開発

 人工光合成の実現は,従来の化石資源からのオレフィン製造技術が大量のCO

瀬戸山 亨
Image

瀬戸山 亨

Artificial Photo Synthesis: Current Status and Its Perspective

Tohru SETOYAMA

  • 1983年 東京大学工学部修士修了(東京大学 工学博士)

  • 三菱ケミカル(株)Science & Innovation Center Executive Fellow

前の記事へ

特集 CO2分離回収・利用・貯留(CCUS)の 現状と今後の展望

特集 CO2排出削減長期目標達成に向けた鉄鋼プロセスの将来像

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい