KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.4 特集

前の記事へ

特集 微生物の高速育種を実現するスマートセル創出プラットフォーム

特集 微生物物質生産系開発の最適化期間を短縮するための方法論・自動化

次の記事へ

特集

「生物機能を利用したモノづくり」に貢献するプロセス強化
バイオによるものづくりに貢献する機械学習・深層学習技術

 機械学習や深層学習をはじめとする人工知能(AI)技術は社会や人々の生活に変容をもたらしつつある。スマートフォンで地図アプリを開けば,目的地まで最適な移動手段と経路がAIによって提案され,YouTubeなどの動画視聴サービスを見ると自分の好みに応じた動画が自動再生される。今後,バイオテクノロジーの研究開発と生物機能によるものづくりは,デジタル化やAI技術の進展に伴いどのように変容していくのだろうか。本稿では,バイオによるものづくりに貢献する最近のAI技術の開発と応用についてラボ研究からプロセス開発に至る事例を紹介し,将来の方向性を展望したい。

...
徳山 健斗
Image

徳山 健斗

Recent Advances of Machine Learning and Deep Learning Technologies for Bio-Production

Kento TOKUYAMA

  • 2018年 大阪大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了

  • 味の素(株)Research and Business企画部(執筆当時,現 中外製薬(株))

竹下 亮
Image

竹下 亮

Ryo TAKESHITA

  • 2010年 東京工業大学大学院生命理工学研究科博士後期課程修了

  • 味の素(株)Research and Business企画部アクセラレーショングループ長

清水 浩
Image

清水 浩

Hiroshi SHIMIZU(正会員)

  • 1989年 京都大学大学院工学研究科化学工学専攻博士後期課程単位取得退学(工学博士)

  • 大阪大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻 教授

前の記事へ

特集 微生物の高速育種を実現するスマートセル創出プラットフォーム

特集 微生物物質生産系開発の最適化期間を短縮するための方法論・自動化

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい