KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2022 Vol.86 No.4 特集

前の記事へ

特集 培養に貢献する撹拌技術

特集 バイオプロダクトの晶析:不純物の影響

次の記事へ

特集

「生物機能を利用したモノづくり」に貢献するプロセス強化
膜分離法を用いたソルガム搾汁液からのバイオエタノールの生成

 バイオエタノールは,サトウキビやトウモロコシなどの植物に含まれる糖質やデンプン質を発酵させ,蒸留して生産されるエタノールである。

 バイオエタノールは,再生可能な自然エネルギーであること,持続可能なエネルギー,燃焼しても有害物質を発生しない環境に優しいエネルギー,その燃焼によって大気中の二酸化炭素(CO2量を増やさないカーボンニュートラルに貢献するエネルギーの一つとして過去から注目されている。

 一方,バイオエタノールの生産過程で使用するエネルギーや排出するCO2量が多くなれば負の効果が生じることも懸念されるため,バイオエタノールの生産過程においてはCO2排出量が極力少なくなるシステムを用いることが重要である。

 バイオエタノールの原料にはサトウキビやトウモロコシなどの糖・デンプン質系,稲わらや麦わらなどの草本系,建築廃材などの木質系に加えソ...

川島 敏行
Image

川島 敏行

Production of Bioethanol From Sorghum Juice Using Membrane Separation Method

Toshiyuki KAWASHIMA

  • 1989年 広島大学大学院工学研究科移動現象工学修了(修士)

  • 日東電工(株)メンブレン事業部 開発部開発管理Gr.長

前の記事へ

特集 培養に貢献する撹拌技術

特集 バイオプロダクトの晶析:不純物の影響

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい