KV Slide 1 KV Slide 1
KV Slide 2 KV Slide 2
KV Slide 3 KV Slide 3
2019年度以前の記事は
電子図書館をご覧ください

※ 検索ワードを区切るスペースは半角でお願いします。

2023 Vol.87 No.1 特集

前の記事へ

特集 プロセス合成の観点から見た反応蒸留

特集 水/有機二相系からなるスラグ流を反応分離場とする
5-ヒドロキシメチルフルフラール合成プロセス

次の記事へ

特集

反応と分離の協奏
熱統合型反応蒸留の省エネルギー化

 反応蒸留「以下RD(Reactive Distillation)」は,1つの装置で反応と分離を同時におこなうプロセスである。例えば,沸点の低い順にC,A,B,Dとする可逆反応系A+B⇔C+Dを考えてみよう。この反応では,生成されたCを塔頂から,またDを塔底から連続的に除去することで,反応が正反応側に傾き,反応を継続させることができる。

 気液平衡,気液の物質移動,触媒内拡散(不均一触媒使用した場合),化学反応速度論の複雑な相互作用により,反応蒸留の設計と運転の問題は,従来の反応器や蒸留塔の問題よりもかなり複雑である1)

 Kissの総説2)によると,過去40年間にRDに関して1,100以上の論文と800以上の米国特許が発表されている。総説中には235以上の反応系が網羅されており,彼は最も重要なRDプロセスは,エステル交換,エステル化,加水分解,ポリエス...

J. Rafael ALCÁNTARA AVILA
Image

J. Rafael ALCÁNTARA AVILA

Energy Saving in Heat-Integrated Reactive Distillation

J. Rafael ALCÁNTARA AVILA(正会員)

  • 2012年 京都大学工学研究科化学工学専攻博士後期課程修了 博士(工学)

  • 京都大学工学研究科化学工学専攻 講師

前の記事へ

特集 プロセス合成の観点から見た反応蒸留

特集 水/有機二相系からなるスラグ流を反応分離場とする
5-ヒドロキシメチルフルフラール合成プロセス

次の記事へ

Online ISSN : 2435-2292

Print ISSN : 0375-9253

image

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

お気に入りから削除しますか?

はい